FC2ブログ

大手動画サイト情報☆


最新記事


リンク


カテゴリ


プロフィール

fasfa2010

Author:fasfa2010
管理人の魯じゃうです。

妄想と現実の狭間へようこそ。


チャットレディ☆




アフィリエイト☆







BlogPeople


■ 他サイトのRSS ■

Powered By 画RSS
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

高校2年生の時の話。

当時は田舎のギャルといった感じでやりたい放題してました。

毎日学校帰りに仲の良い友達数人とファミレスで騒ぐ毎日。

多い時には十数人いて騒いでたからお店側はとても迷惑してたと思います。

私は自分で当時から私は明るいビッチ!とか言って結構やりまくってました。

もう性欲が凄かったんですよね、毎日セックスかオナニーしてましたから。

私達のグループの中に1人だけ男がいました。

と言ってもパシリというかいじめてました。

背が小さくて細くてナヨナヨしてて話してもどもってて。

当時、グループでそいつの全裸写真を撮ったりオナニー動画を撮ったりして、それで

「バラまかれたくなかったら一生パシリ」

と言っていつも一緒にいさせてました。
お金を盗ったりとかはないのですが、まぁおもちゃですよね、扱いは酷かったと思います。

ポチって呼んでましたしね。

ある時、未成年なのに皆でお酒を飲んで公園でギャーギャーふざけてました。

滑り台にのぼって騒いでてバランスを崩して私は下に落ちました。

ちょうど両手を下にしたまま体を打ち付けてしまい、まさかの両腕骨折。

当然ながら両手にギブスになってしまい生活に支障が出るレベルになったので入院する事に。

最悪だけど、友達は毎日来てくれるし学校サボれるしでまぁいっかぁと思ってたのですが退屈で退屈で仕方ない。

特に最初は何とも思ってなかった性欲も、よくよく考えてたら毎日オナニーしてたんですからもうムズムズムラムラして仕方がない。

でもギブスが邪魔で上手く出来ない。

枕を使ったり角オナとか挑戦してみましたがなかなかイクまでは出来ず。

それに着替えもままならないので濡れたパンツのままいるのも不快。

ある日、朝からずーっとムラムラ状態でした。

もうどうかなりそうなくらい。

何もないのに濡れてたと思います。

すると、いつもの事ですがポチが来ました。

ポチには骨折後は必ず毎日顔を出せと言ってました。

いつもは他の友達と来るのですが、その日は1人。

何でも、先生に捕まって説教されてるとか。

ポチと2人でも喋る事がないんですよね。

しかも、私はオナニーしたくて堪らない。

もう、ムラムラの限界で私もちょっとおかしくなってたんでしょうね。

「ポチさ、アンタ毎日来てくれるからご褒美あげるよ」

ポチは相変わらずイライラする顔で無言でこっちを見ています。

「私のマンコ舐めさせてあげる」

ポチは完全に目が泳いで言葉にならない声を出してました。

「私みたいな可愛い子のマンコ舐められるとかこれからの人生にないんだから嬉しいでしょ」

ポチは下をむいたまま動きません。

「いいからほらやれよ!お前のチンポ画像流すぞ!」

そう言うと、ポチはベットに近づいてきました。

私は明るいところで見られるのは嫌だったので、布団の中に顔を突っ込んでやるように言いました。

相手がポチなのに凄くドキドキしてたと思います。

ポチは足元から布団に潜り込んでパジャマとパンツを脱がしました。

「絶対、布団をはぐんじゃねーぞ!」

そう念を押して、私は足をM字にしました。

「ほら、舐めろよバーカ!」

私は右手のギブスでポチの頭を抑えると舐め始めました。

最初のひと舐めで私は声を出してしまいました。

「あ、んんっ、あ・・・」

ポチは童貞ですから何も考えずひたすらグチョグチョ舐めてました。


久々の快感で、私はそれで充分すぎるくらい。

ポチなんかにされて感じてるという羞恥心もあったりして物凄く感じてしまい、多分1-2分くらいですぐにイッてしまいました。

「ポチ、もういいからパジャマ着せてさっさと帰れ!」

でも、そう言ったにも関わらずポチは布団から出てきません。

足で蹴飛ばしても出てこない。

むしろ足をガッと掴まれてまた舐め始めました。

一度イッたアソコはすぐに反応してしまいました。

「もう・・・いいから・・・あ、あぁ、ダメいく・・・やめろよ・・・」

私は完全に力が抜けてしまっていました。

するとガバッと布団を剥がされました。

「何すんだよコラ!」

私の下半身が露わになり、ポチは舐めながら私の顔を見ています。

「いい加減にしないと、殺すぞ!」

そう言いながらも私は感じてました。

2回目でイッてしまった後、私はぐったりしてしまいました。

するとポチがズボンを脱ぎ始めました。

「おまえ何してんだよ!」

と言うと足をぐっと持ち上げられ、マンコ丸見えの状態で動けなくなりました。

「お、お、お前の裸も撮ってやるよ」

思ったよりも強いポチの力。

必死の抵抗にもビクともしません。

ギブスで顔を殴ったのにポチは鼻血が出ても動じず、携帯で動画を撮りながら私に挿入してきました。

久々の挿入の快感に声を抑えられませんでした。

上も脱がされ素っ裸に。

ただ、ポチは1分くらいですぐいってしまったのですが、初めてだから制御出来ずに中出し。

それから3回くらいポチから中出しをされた私は放心状態に。

「動画もちゃんと撮ったから」

と見せられました。

ポチはそれからもパシリとして卒業するまで私達のグループにいましたが、私は裏ではポチのセフレでした。

大学は別々になったし携帯も変えたのでそれ以上音沙汰はありませんが、中出しばかりだったのに一度も妊娠しなかったのはラッキーでした。

私の誰にも言えない黒歴史です。

しかし、先日同窓会に行った際にポチが自殺した事を知りました。

ポチは大学に行ったもののアパートに引きこもった末に中退。

そのままニートになり・・・という感じらしいです。

人の死なのにも関わらず少しホッとした自分がおり、何とも言えない気持ちになりました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。